総量規制の対象外で審査の甘い銀行はないのか、疑問に思う人

既に複数の金融機関で借入している場合、新たな借入先は総量規制の対象外の銀行が良いという方もいるのではないでしょうか。

総量規制の対象外の銀行であれば、年収の3分の1以上であっても審査に通れば借入可能。
今の借入額を細かく気にして申し込まなくても良いので、魅力的ですよね。
審査の甘いところがあれば、そこで借入したいと思う方もいるでしょう。

しかし実は現在、総量規制対象外である銀行で年収の3分の1以上借入することは、困難になっています。
それは、総量規制が始まった背景にも関係する理由があるから。
ただ、年収の3分の1以上でなければ、まだ可能性があります。

そこで今回は、総量規制の対象外の銀行で借りる為に、やるべきことをまとめました。
また、審査が甘い金融機関についても現状を解説。
参考にしてみてくださいね。

何故、総量規制があるのか

 

総量規制さえなければ、お金がまだ借りれるのにと思う方もいるでしょう。
総量規制とは一体何故あるのでしょうか。

それは「利用者に返済可能な額を貸付し、自己破産者を増やさない為」です。

確かに、金融機関の貸し倒れ(貸付したお金が返済されず、損をすること)を起こさないようにするという理由もありますが、元々は利用者の状況から生まれたルールなんです。

総量規制の対象外だったことで、増えた自己破産者

昔は、消費者金融は「借金をする」という悪いイメージが強く、借りることも今ほど簡単ではありませんでした。
しかし、インターネットや携帯電話が普及したことで、キャッシングの手軽さがテレビCMや雑誌などで紹介されると、利用者が急激に増加していきました。

けれどもこれが原因で、自分が返済出来る金額を超えたキャッシングをする人も増えてしまい、自己破産してしまう人が増えてしまったのです。

この状況を重く見た国は、利用者が適切な範囲内でお金を借りることが出来るように、賃金業者側に規制を作りました。
それが総量規制です。
賃金業者に限り、適用されるようになりました。

また、この時の状況は現在銀行が年収の3分の1以上の借入難しくなっている理由とも、深い関わりがあります。

総量規制の対象外でも、年収の3分の1以上は借入が困難な理由

これまで、銀行は総量規制の対象外として、年収の3分の1以上の借入であっても融資を続けてきました。

また、審査を保証会社(主に消費者金融)に代行してもらう銀行が増え、融資スピードが早くなったこともあり利用者が増加。
銀行は消費者金融と争うような形で利用者を増やしていきました。

しかし、利用者の拡大を進めるあまり、中には利用者の返済能力を超えた貸付をしていた銀行もありました。
その結果、またしても自己破産者が増えてしまったのです。

これが、金融庁から「貸付過多である」という指摘を受けるきっかけとなってしまいました。

総量規制は対象外のまま、高額な貸付は減らす方向へ

現在も銀行はこれまで通り、総量規制は適用していません。
けれども、今までと同じように年収の3分の1以上でも貸付を続けていたのでは、自己破産者を増やし続けてしまうことにも繋がりかねません。
そうなれば、金融庁からの指摘に従わなかったということにもなるでしょう。

そこで銀行は貸付過多になることを防ぐ為に、高額となる総量規制の額を超えた貸付にはとても慎重になっているのです。

これが銀行で年収の3分の1以上の借入が難しくなった理由です。

総量規制の対象外で審査の甘い銀行はない

 

銀行で総量規制である年収の3分の1以上の借入が難しくなったことを解説してきました。
高額な貸付になっていないかしっかり確認するということは、以前よりも審査は厳しめになっていると言えるでしょう。

総量規制の対象外で、かつ審査の甘い銀行はないということです。

審査が甘い銀行はないが、通過率が高めの銀行はある

「年収の3分の1以上の借入が難しいのは変わらないのは分かったけれど、それでも銀行で借りたい。」
そう考える方もいるでしょう。

実は、審査の甘い銀行はありませんが、審査の通過率が高めの銀行はあります。
その銀行には、主に以下のような特徴があります。

  • 金利が高めである
  • 地方銀行である

詳しく解説していきます。

審査通過率が高い銀行の特徴1:金利が高めである

 

金利が高めである銀行は、金利の低い銀行に比べて審査の通過率は高めだと言えます。

金利が低いと、それだけ利息の収入が少なくなります。
その為、大きな貸し倒れが起きた時の損失分のカバーも困難。
審査でしっかりと返済能力を見極め、絶対に返済してくれるだろうという利用者にしか貸さない姿勢をとっています。

しかし、逆に金利が高めであるということは、ある程度の貸し倒れに対してはカバーが可能だということ。
その分、少しくらい返済能力が低くくても貸付して、利用者を増やすことに重きを置くことも出来ますね。

このような理由から、金利が高めの方が審査が通過率は高いと言えるのです。

審査通過率が高い銀行の特徴2:地方銀行である

 

地方銀行も、大手銀行と比べて審査の通過率は高めだと言えるでしょう。

理由は、大手銀行よりも利用者の増加に向けて動いている場合が多いから。

利用者が増えなければ、利息の利益も増えません。
大手銀行であれば、すでに利用者が大勢いるのでそこまで無理に利用者を増やす必要はありませんが、地方銀行は更なる事業拡大の為に利用者を増やしたいと考えていることが多いです。

その為、少なくとも大手の銀行よりは地方銀行の方が審査に高めであると言えます。

まとめ

いかがでしたか。
総量規制の対象外である銀行で年収の3分の1以上の借入が出来ない理由、審査の甘い銀行がない理由について、解説してきました。
これまで総量規制について否定的なイメージを持っていた方も、多少印象が変わったのではないでしょうか。
自己破産者を増やさない為のルールだったんですね。

ここで、もう一度まとめてみます。

  • 総量規制は、自己破産者を減らす為に出来たルール
  • 銀行は貸付過多を指摘されたことで、高額な貸付に慎重になっている
  • 銀行で年収の3分の1以上の借入をするのは困難
  • 総量規制の対象外で審査の甘い銀行はない
  • 審査の通過率が比較的高い銀行はある
    • 金利が高めである
    • 地方銀行である

総量規制の対象外の銀行で借りたい、と考える方の多くはすでに複数の金融機関から借入をしている方でしょう。
しかし、現在は銀行であっても年収の3分の1以上の借入は困難。
そうなれば、まずは新たな借入先を探すよりも、どうやって今ある借入金を返済していくかを考える方が現実的だと言えるのではないでしょうか。