銀行での融資を成功させたい経営者

会社を経営していく中で、資金が足りなくなるという事態を避けては通れません。

そんな時、銀行からの融資を考える経営者の方は多いのではないでしょうか。

しかし、融資を受ける為には審査に通らなければいけません。

提出する決算書の内容は勿論のこと、事業内容なども融資決定に大きく関わっており、自分の会社を上手くアピールすることが出来ないと、断られてしまう可能性も。

事業に自信があっても、審査に通るかどうかは不安ですよね。

この記事では、銀行での審査を前に不安を抱えている経営者の方の為に、チェックしておきたい提出書類の重要なポイントについて紹介していきます。

審査のポイントが分かれば、銀行の融資担当者との面談でも自信を持って会社をアピールすることが出来ますよ。

是非、参考にしてみてくださいね。

銀行融資で準備するべき必要書類とは

まず、銀行での融資を希望する際に提出を求められるのは主に以下になります。

この他にも、銀行によっては増えることもあります。

  • 事業方針を説明する書類
  • 商業登記簿謄本(履歴次項証明書)
  • 資金使用用途の資料
  • 決算書類一式
  • 試算表(月次決算)
  • 今後の資金繰り計画書
  • 今後の損益計画書

書類審査で見られる重要ポイント3つ

提出する書類は、ある程度の時間をかけて丁寧に作成してください。

特に事業方針を説明する書類は可能な限り完璧に仕上げましょう。

しかし、全てに時間をかけていては、いくら時間があっても足りないということにもなりかねません。

ですので最低限、銀行が重要視する以下の3つのチェックポイントをおさえて作成するようにしましょう。

  • 融資希望額と使用用途は明確か
  • 融資によって発生する利益は計算されているか
  • 今後の返済計画は現実的か

一つずつ見ていきます。

融資希望額と使用用途は明確か

資金がいくら必要で何に使うのかはっきりしているか、チェックしておきましょう。

例えば、もし個人的に誰かにお金を貸すことになった場合。

「貸せるだけ貸して」と言われたら、どのような気持ちになるでしょうか。

何にいくら必要か分からない状態じゃ貸せないよ、と思う方が多いでしょう。

銀行という存在は大きなものとして捉えがちですが、融資担当者は個人の人間です。

「この会社に協力してあげたい」と思ってもらうことが出来れば、それだけ融資してもらえる確率は上がります。

融資担当者に必要な資金と使用用途を分かりやすく伝えることが出来るようにしましょう。

説得力のある説明をすることが大切です。

これも、審査としてチェックされていると言っても過言ではありません。

融資によって発生する利益は計算されているか

前述した融資した資金の使用用途と一緒に、どれくらい利益が出るのかも説明出来るはずです。

融資が必要な理由は、会社を拡大する為であったり、一時的な資金ショートを起こしてしまっているからであったりと、それぞれ状況は異なると思います。

しかし必ず、プラスな内容で利益が増えることを説明するように心がけてください。

例えば「一時的に赤字になってしまいましたが、融資してもらえば損失分をカバー出来るので、黒字になります」というような言い方をしてしまうと、銀行側に「赤字になったら、その都度に融資してもらうという体制を取っているのか」と思われてしまいます。

この場合には、「これから赤字にならない為にこの事業で融資を受ける必要があって、これだけの利益が出るから、赤字にはならない」というような言い方をするようにしましょう。

今後の返済計画は現実的か

また、今後の返済の計画も明確になっているかチェックしておきましょう。

銀行側からしてみれば「貸したお金を返してもらえるかどうか」が一番重要なことです。

貸し倒れのリスクはなるべく背負いたくないですから、月の返済の額が現実的でなかったりすると、貸付してくれません。

資料を見せながら、どれくらい返済に回すことが出来るのかを分かりやすく説明しましょう。

毎月これだけの金額を返せる、と分かれば銀行側も不安材料を減らすことが出来るので、融資に対して積極的に動いてくれる可能性が上がります。

まとめ

この記事では、銀行からの融資を成功させる為にチェックしておくべき点について紹介してきました。

銀行から融資を受ける為には、貸して欲しいという気持ちだけではなく、融資を受けた後にお金を返していくイメージをどれだけ具体的に銀行側と共有することが出来るかが課題になるということを分かっていただけたでしょうか。

最後にもう一度、銀行からお金を借りる為に審査で重要視されるポイントについてまとめてみましょう。

  • 提出する書類の作成には充分な時間をかける
  • 融資金を何にどれくらい使うのか、使用用途を明確にする
  • 融資してもらうことで、どれだけの利益が出るか明確にする
  • 増えた利益をどれだけ返済に使えるか計画を立てる

銀行はお金を貸すことを商売としています。

少しでも貸し倒れのリスクがありそうな会社であれば、なかなかお金を貸してくれません。

しかし、その代わりに審査に通れば高額な融資を受けることができ、新たな事業を立ち上げたり、事業を立て直すことが出来るのです。

是非、この記事で紹介したチェックしておきたいポイントをおさえて会社をアピールし、銀行での融資を成功させてくださいね。