借金問題に悩み、頭を抱えるサラリーマン

「借金に追われる毎日が辛い・・・。」
そう悩んだ時、借金問題解決の為に頭に浮かぶのは債務整理という方も多いのではないでしょうか。
中には、債務整理といえば自己破産だと思っている方もいるでしょう。

しかし、自己破産と債務整理は全然違います。
人によって、自己破産を選ぶべきでない場合もあり、選ぶ基準を知ることはとても大事なことです。

そこでこの記事では、自己破産と債務整理の違いについて詳しく解説。
選ぶべき基準を知ることで、自分に合った手続きを見つけることが可能です。
参考にしてみてくださいね。

債務整理とは

債務整理とは、借金を減らしたり免除する手続きの総称のこと。
自己破産は債務整理の手続きの中の一つなんです。
以下の種類があります。

  • 任意整理
    将来利息をカットしてもらうなどして、返済額を調整してもらう
  • 個人再生
    返済額を3〜5年で完済できる額に調整してもらう
  • 自己破産
    裁判所に免責してもらうことで、全ての借金の返済義務をなくしてもらう

このように、手続きの仕組みがそれぞれ異なるんですね。
3つに共通することは、全て金融事故扱いになるので「ブラックリスト入り」をすることだけなんです。

今回は自己破産が他の債務整理手続きとどう違うのかを紹介します。
まずは、自己破産とはまずどんなものなのか、更に解説していきましょう。

自己破産とは

自己破産とは、裁判所から免責を受けることで、今ある借金の返済義務を無くす手続きをとることです。
ただし、以下の条件を満たさなくてはなりません。

  • 現在の収入では到底借金を完済できそうにないと認められること
  • 過去7年以内に、自己破産をしていないこと
  • 過度な浪費などで作った借金ではないこと

以上の条件が揃わないと、自己破産が出来ない場合も。
一部、条件を満たしていなくとも例外として認めることもあるようですが、手続きは難しくなるでしょう。

また、自己破産の場合には10年ほどは新たなキャッシング等が厳しくなると言われています。
詳しくは、「債務整理中でもキャッシングの審査に通る?その実情とリスクについて」の記事を参考にしてみてください。

自己破産と他の債務整理との違い

では、自己破産と他の二つの債務整理である「任意整理」「個人再生」との違いとは、一体なんでしょうか。

大きな違いは以下の3つです。

  • 返済の義務がなくなる
  • 財産が差し押さえられる
  • 一定期間職種が制限される

一つずつ、詳しく解説します。

自己破産と他の債務整理との違い1:返済の義務がなくなる

前述した通り、裁判所に免責を認めてもらうことで、一切の返済義務がなくなります。

自己破産以外の債務整理を選択した場合には、返済の義務は残ります。
例えば、任意整理の場合には利息分の負担は多少減りますが、元金の返済は必要です。

自己破産と他の債務整理との違い2:財産が差し押さえられる

自己破産を選んだ場合、今持っている財産は全て差し押さえられます。

必要最低限の預金、生活に必要なもの以外は、原則差し押さえの対象になります。
差し押さえられた財産は、売却されて現金化されたりし、債権者に配当されます。

自己破産と他の債務整理との違い3:一定期間、就ける職種が制限される

弁護士、司法書士、税理士、警備員などの一部職種に一定期間(およそ3〜6ヶ月)は就けなくなります。

この一定期間とはどの期間なのかというと、破産手続き中の期間のこと。
手続きが完了すれば、就労も可能です。

自己破産を選択すべき基準とは

自己破産を検討するべきなのはどんな時?と悩むこともあるでしょう。
確認すべきは、以下の項目です。

  • 借金の返済を続けてもこのままでは完済できそうにない
  • 財産を殆ど持っていない
  • 勤めているのが、弁護士などの職業選択に制限が出る職ではない
  • 今現在、借金の返済が滞っており、強制執行されそうである

この項目に当てはまる箇所が多ければ多いほど、自己破産を検討するべきと言えます。

自分でどの債務整理を選択すべきか決められない時は

項目を確認してみたけれど、やっぱり自分だけでは分からないこともありますよね。
悩んだ時は、弁護士事務所で相談しましょう。

また、債務整理自体も基本的には弁護士の力を借りなければ困難です。
初回の相談は無料である事務所も多いので、相談しながら手続きを進めるか決めれば良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか。
今回の記事では、自己破産と債務整理についての違いを紹介してきました。
自己破産の特徴を知ることで、自分が選ぶべき手続きかどうかも分かったのでは。

まとめてみます。

  • 自己破産は、債務整理の中の手続きの一つの名称
  • 自己破産と他の債務整理との違いは大きく3つ
    • 返済の義務がなくなる
    • 財産が差し押さえられる
    • 一定期間、就ける職種が制限される
  • 自己破産を選択すべき基準は4つ
    • このまま借金の返済を続けても完済できそうにない
    • 今の自分には売れそうな財産がない
    • 勤めているのが、弁護士などの職業選択に制限が出る職ではない
    • すでに借金の返済が滞り、強制執行されそうだ
  • 債務整理は、弁護士や司法書士の力を借りてするのが確実

債務整理といえば自己破産、と考えてしまうのは危険です。
まずは自己破産の特徴を知り、他の債務整理と比べてみることが大切ですね。
一人で抱え込まず、弁護士事務所などでアドバイスをもらいながら借金問題解決へ動いていきましょう。