債務整理中のキャッシングについて悩む男性

生活に困窮し、債務整理を選んだものの、どうしても追加でキャッシングしたい・・・。

けれど、債務整理中だから借入の審査に通らないだろうし、なんとかならないものか・・・。


そんな風に悩んでいる方もいるのではないでしょうか。


実は、債務整理中でも新たにお金を借りること自体は可能です。

ただし、リスクは高いですし、更に生活を困窮させることに繋がることもあります。

正直に言って、おすすめは出来ません。


しかし、それでもなんとかお金を借りたいと思っているのであれば、正しい知識を身につけることが大切です。

この記事では、債務整理中に新たな借入をすることのリスクなどを詳しく紹介。

リスクを知ることで、本当に借入をするべきかどうかの判断基準にしていただければ幸いです。


債務整理中は新たに借入することが難しい理由

債務整理は、借金を返すことが困難になった場合に利用出来る法的な手段です。

ですので、利用すること自体は悪いことではありません。


しかし金融機関側から考えてみれば、貸したお金を返してくれない顧客ということになる訳ですから、印象としては良くないものになります。


この情報はいわゆる「ブラックリスト入り」の顧客として他の金融機関にも共有されています。

ブラックリスト入りしているかどうかは、キャッシングの審査で確認されることになります。


ブラックリストとは

借金を返せなくなってしまったり、長期的な延滞を繰り返すことで、金融機関に「この顧客にはお金を貸すことが出来ない」と判断されている状態のことです。


借金を返すことが出来れば5〜10年ほどで解消出来ると言われていますが、この間は新たなキャッシングが難しくなります。


債務整理中でも新たに借入することは可能

大手の消費者金融や、銀行などでキャッシングすることは殆ど絶望的ですが、中小の消費者金融であれば借入出来る可能性があります。

大手の消費者金融や銀行の場合、貸付の審査は大まかな部分に関しては機械が自動的に可否を判断しています。

ブラックリスト入りしているのであれば、その時点で即審査落ちになります。


ですが、中小の消費者金融の場合には機械が自動的に判断するのではなく、各金融機関の独自の判断基準を設けている場合があるのです。

そういった独自の審査方法を取っている金融機関に関しては、債務整理中であっても借入出来る可能性があります。


債務整理中に借入することのリスク

しかし、債務整理中の借入は普通のキャッシングとは訳が違います。

借入の審査に通りさえすればそれでいい、ということではありません。


ここからは債務整理中に新たに借入をすることのリスクについて説明していきましょう。


借入しているのがバレると、債務整理が出来なくなる可能性がある

まず、この部分を注意するようにしましょう。


債務整理というのは、「借金を返済するのが困難になったので利息、元金を減らしてください」と交渉する状態のことをさします。

債務整理が進んでいる状態ということは、債権者である金融機関が「それなら利息や元金を減らしてあげます」と特別に認めてあげているということ。


しかし、ここで更にキャッシングした場合、新たに借入した金融機関には正規の利息を支払うことになりますよね。

それは、債権者である金融機関に対しての裏切り行為にあたります。


金融機関側から見れば、「新たな借入先に返済したり利息を払う余裕があるのなら、その分、条件を優遇しているこちらに払ってくほしい」と考えるからですね。

もし新たに借金をしていることが知られた場合、債務整理の手続きはそこで終わり、従来通りの元金と利息の返済を請求されてしまう可能性が高くなります。


このリスクは考えておいてくださいね。


法に触れるぎりぎりの厳しい取立を受ける可能性がある

債務整理をしたということは、一度借金が払いきれなくなっているということ。

普通に借入の申し込みをする顧客よりも、借金を踏み倒される可能性が高い顧客ということになります。

客観的に見れば、何故お金を貸してくれるのだろう?と思いませんか。


可能性はいくつか考えられます。

そんな高いリスクを取ってお金を貸さなくてはいけないほど、経営が切迫している金融機関と考えることも出来ます。

また、そこまで経営が切迫しているのであれば、顧客からお金を必ず回収しなくてはと躍起になっている可能性も否定できませんね。


それはどういうことを意味するかというと、大手金融機関等と比べるとかなり厳しい取立が行われる可能性があるということ。

取り立て規制のルールは強化されてはいますが、もし延滞した場合はルールぎりぎりの取り立てをされてもおかしくはないという認識を持っておくようにしましょう。


高い金利を払うことになる

中小の消費者金融などは、金利が高めに設定されていることが殆どです。

大手の消費者金融や銀行などと比べて利用者が少なく、経営していく為には金利を高くする他にないからです。

また、金利を高くして利用者一人あたりの利益を最大化することで、貸し倒れのリスクを負ってでも貸付が可能となっています。


具体的には法律で定められた上限金利となる20%が適用されることがほとんどでしょう。

大手の消費者金融などでは高くても金利18%であること、大手銀行の場合は高くても金利14.5%であることを考えると、かなり高めの金利であることが分かっていただけるのではないでしょうか。


闇金融から借入してしまう可能性がある

中小の消費者金融からの借入する必要があるということは、名前を殆ど知られていない金融機関である可能性が高いということ。

インターネットで検索すれば多くの金融機関が出てきますから、その中に闇金融が混ざっていないとも言い切れません。


闇金融は金利を低く提示していたり、誰でも審査に通るなどと表記している場合があります。

特に苦しい状況にある時には魅力的な誘いに感じるかもしれません。


ブラックリスト入りしている状態で、安い金利でお金を借りれる金融機関などないと考えましょう。

また、審査は必ず行われますから、当然落ちる可能性もあります。

誰でも借りれる、というのは怪しいです。


闇金融の見極め方

闇金融でないか確かめる為には、賃金業登録番号が記載されているかどうかを見るのが確実です。

例えば、プロミスの賃金業登録番号は「関東財務局長 (12) 第00615号」となっています。


この賃金業登録番号というのは、国の許可を受けた賃金業であるという証拠です。

賃金業は国の許可を受けない限り営むことは出来ませんので、必ずホームページに記載されています。


記載されていない場合には言わずもがなですが、記載されていたとしても、日本賃金協会のホームページでデータ検索をして本当かどうか調べてみてください。

実在する別の金融機関の名前が出てきたりすれば、そこは闇金融ということになります。


闇金融で借りると法外の利息を請求される

闇金融でキャッシングしてしまうと、法外の利息を取られてしまいます。

例えば、闇金融で適用されている利息でトイチ(10日で1割)というものがあるのですが、この利息を年利で計算すると、なんと約3142%。

上限金利である20%をはるかに超えた金利になります。

絶対に闇金融からはお金を借りないようにしましょう。


苦しい借金生活に逆戻りする

債務整理をしているということは借金が減った、もしくはなくなった状態になっていることです。

これ以上負担は増えないという状態な訳ですから、あとは返済していくだけになりますね。


しかしこの状態で新たな借入を増やしてしまうと、また借金という負担を増やしてしまうことになります。

それはすなわち、苦しい借金生活に逆戻りするということ。

借金を完済して自立した生活をしようという状況を悪くすることにも繋がってしまうんですね。


債務整理中に新たな借入が必要な場合

債務整理中に借入をすることで、以上であげたようなリスクがあります。

金融機関から新たにキャッシングをしようとする以上は、このリスクを避けることは出来ません。


ですが、ここから紹介する方法であれば、債務整理の手続きを途中で終わらせることなく、最小限のリスクでお金が足りない危機を切り抜けることが出来るかもしれません。


一つずつ紹介していきましょう。


家族や友人にお金を借りることが出来ないか

債務整理中に新たな借入をしなければいけないのであれば、まずは家族や友人などにお金を借りることが出来ないか考えてみましょう。


家族や友人にお金を借りれば、期限などを多少優遇してもらえることもあるかもしれません。

ただし、くれぐれも信用を失うようなことがないようにしてくださいね。


公的な支援を受けることを視野に入れる

公的な支援であれば、債務整理中でもお金を公的に借りることが可能です。

住んでいる市区町村の社会福祉協会の申請窓口で申請出来ます。


病気になってしまった場合や、失業してしまいしばらくお金が苦しいという場合もありますよね。

そういった方の為に「総合支援資金貸付制度」「求職者支援資金融資制度」などがあります。


状況によって申請出来る支援が変わるので、詳しくは申請窓口で相談してみましょう。

ただし、細かな条件がある為に審査は厳しいものになる場合が多いようです。


まとめ

債務整理中に新たに借入をすることのリスクについて詳しく紹介してきました。

思っていたよりもリスクが大きいな、と感じた方もいるのではないでしょうか。


ここでもう一度、債務整理中にキャッシングすることのリスクをまとめてみましょう。

  • 債務整理中に借入することで、債務整理自体が出来なくなる可能性がある
  • 法に触れるぎりぎりの取立を受ける可能性がある
  • 高い金利を払うことになる
  • 闇金融から借入をしてしまう恐れがある
  • 苦しい借金生活に逆戻りする可能性がある

このようなリスクから、家族や友人からお金を借りることが出来ないか、または公的な支援を受けることが出来ないかということも視野に入れる必要があるんですね。

債務整理中に無理に借入することはおすすめ出来ません

ですが、それでも新たに借入する必要があるということもあるでしょう。

そういった場合には、リスクを承知の上で検討してみる余地はありそうですね。