債務整理の選び方が分からず、はてなマークを浮かべる人形

借金問題で苦しむ方を救済措置として利用されている債務整理。
実は3種類方法があることを知っていましたか?

しかも、債務整理は種類ごとに手続きや特徴が異なり、対象となる方も変わります。
債務整理をすればなんとかなると思っていると、間違った債務整理手続きを取ってしまう可能性も。

そこでこの記事では、債務整理の種類と特徴を解説。
どんな人がどの債務整理を選択すべきなのか、知ることができますよ。
是非、参考にしてみてくださいね。

債務整理とは?

債務整理とは、借金の利息や元金を少なくしてもらう手続きのこと。
殆どの場合、弁護士や司法書士に依頼して、代わりに金融機関との交渉を行ってもらいます。

また、債務整理をすると、いわゆる「ブラックリスト」入りするので、今後5〜10年ほどはキャッシングやクレジットカード発行が出来なくなります。

その分、借金問題を合法的に解決できる唯一の手段になります。

債務整理の種類

ここからは、種類についての解説に移ります。
債務整理は、以下の3種類です。

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

一つずつさらに詳しくみていきましょう。

債務整理の種類1:任意整理

任意整理は、弁護士または司法書士が金融機関(債権者)と交渉することで、将来かかる利息などを減額してもらう手続きのことです。
裁判所などは通さないので、債務整理の中で最も簡単な手続きだと言えます。

任意整理の特徴

任意整理で減額してもらった借入金は、3〜5年で完済しなければなりません。
この期間で完済できなかったり、月々の返済に遅れてしまったりすると、一括返済しなくてはならなくなります。
その為、債務者に返済を続けるだけの収入がなければ、任意整理を認めてもらえません。

債務整理の種類2:個人再生

個人再生は、裁判所を通した上で、弁護士が金融機関(債権者)と交渉することで、債務者が3〜5年で完済出来る額に減額してもらう手続きのことです。
裁判所を通すことで強制力が働くので、もし金融機関側が認めなかったとしても手続きが可能になります。

個人再生の特徴

個人再生の手続きに成功すると、借金が100万円になるか、借入金の5分の1程度になります。
ただし、5000万円以上の借入金がある場合には申請自体が出来ないので、注意しましょう。

また、家を手放す必要はありません。
マイホームに住みながら、返済を続けることが出来ます。

任意整理と同じく返済に遅れれば一括返済しなくてはならなくなり、債務者に返済を続けるだけの収入がなければいけません。

債務整理の種類3:自己破産

自己破産は、裁判所に免責を認めてもらうことで、今ある借金全ての返済義務をなくす手続きのことです。
ただし、免責してもらう為には理由も大切で、「ギャンブル」「過度な浪費」などの債務者に非がある場合には、手続きに時間がかかったり、最悪の場合には自己破産が認められないことも。

自己破産の特徴

自己破産すると、20万円以上の価値のある財産は全て差し押さえの対象となってしまいます。
その為、家や車なども原則は差し押さえになります。
ただし、99万円以下の現金については自由財産として所持しても良いことになっています。

また、自己破産の手続き期間中は、「弁護士」「税理士」「警備員」等の職に就くことが出来なくなります。

自分に合った債務整理の選び方とは

では、ここからは実際に債務整理を選ぶ時、どのような基準で選ぶべきかを解説していきましょう。

考えるべきは、この項目です。

  • 収入があり、借金の総額が元金だけなら、3〜5年で完済出来るか
  • 収入があり、借金の総額が100万円以上で、かつ5000万円以下か
  • 収入がない、もしくは少なく、借金が返していけないほど高額か

この3項目を見て、自分がどのような状態なのか確認して選びましょう。
一つずつ、解説していきます。

収入があり、借金の総額が元金だけなら、3〜5年で完済出来る人

この場合、選ぶべきは「任意整理」です。

任意整理は元金は減りません。
将来かかる利息を免除してもらう手続きになります。

その為、大幅な借金の減額につながることは少ないですが、その分ブラックリスト入りする期間も、3つの債務整理の中では最も短いです。

ただし、無理に任意整理を選んで返済していくと、結局完済できずに一括返済を求められて、自己破産になってしまう・・・ということも多いです。
確実に毎月返済出来る額を設定できるかどうか、しっかりと確認した上で手続きを進めてください。

収入があり、借金の総額が100万円以上で、かつ5000万円以下の人

この場合、選ぶべきは「個人再生」です。

個人再生の場合には、元金を減らせます。
利息分だけの減額では到底完済できそうにない場合は、個人再生を選択すべきでしょう。

また、借金の大幅な減額が出来るだけでなく、家を残すことが可能なのは大きなポイントですね。

ただし、個人再生も返済に遅れてしまうと一括返済を求められます。
必ず、毎月返済出来る額が設定できるかどうかを確認してください。

収入がない、もしくは少なく、借金が返していけないほど高額な人

この場合は、選ぶべきは「自己破産」です。

収入がなかったり、借金に対して少ないと、完済が難しくなります。
任意整理や個人再生を選ぶ為には、それなりの収入がなくてはなりませんから、その基準に一致しない場合には、自己破産を選択することになります。

自己破産を選ぶと、家や車などの財産はなくなりますが、代わりに借金の返済からも解放されます。
決して悪いことばかりではないので、自己破産を選ぶことも時に良い選択だと言えるでしょう。

注意!平成18年より前から、借金返済をしている場合

平成18年より前から借金の返済をしていた場合には、「過払い金」が発生している可能性が非常に高いです。
その場合には、自己破産を考えるような高額な借金であっても、自己破産を選択しなくて良い場合があります。

弁護士に依頼をして、払いすぎている利息で今ある借金を完済することが出来ないか、確認してもらいましょう。
自分だけの判断で自己破産を選んでしまうのは、リスクを考えると損になります。

まとめ

いかがでしたか。
この記事では、債務整理の種類と特徴、その選び方について解説してきました。
債務整理とひとくちに言っても、その種類や特徴で選ぶべき人が変わるのは驚きでしたね。

簡単にまとめてみます。

  • 債務整理には、3つの種類がある
    • 任意整理
    • 個人再生
    • 自己破産
  • 債務整理の状況別選び方は3パターン
    • 収入があり、借金の総額が元金だけなら、3〜5年で完済出来るか
    • 収入があり、借金の総額が100万円以上で、かつ5000万円以下か
    • 収入がない、もしくは少なく、借金が返していけないほど高額か
  • 平成18年以前から借金の返済をしていた場合には、過払い金を要確認

債務整理をすることで、借金問題を合法的に解決することが出来ます。
けれども、どの手続きをしても解決出来る訳ではありません。
必ず、自分の収入や借入額、過払い金などを確認して、適切な債務整理を選ぶようにしてくださいね。