アイフルでキャッシングする方必見!審査や返済方法、少額利用時の金利まで徹底解説

消費者
金融系

アイフル

オススメ度

4.0

ご利用可能なコンビニ

  • おすすめな人無利息期間ありで素早く借りたい方
  • 初めての方は最大30日間の無利息期間あり!
  • 審査最短30分、借入まで最短1時間のスピード融資!
  • 初利用、女性利用者のための専用フリーダイヤルあり!
  • 即日融資

    可能

  • 実質年率

    4.5%~18.0%

  • 融資上限金額

    1万円〜
    500万円

  • 来店

    不要

  • 収入証明書

    50万円以下、他社含め100万円以下
    の場合は不要

本日中のお借入の申し込み期限まで

残り00時間0000

消費者
金融系

アイフル

4.0

最短本日中のお借入希望なら

00時間0000

以内にお申し込みを!

  • 即日融資
  • 担保・保証人不要
  • 収入証明書不要
  • 来店不要
  • 無利息期間あり
  • おまとめ
  • 女性向け
  • 土日祝日OK
  • 即日融資

    可能

  • 審査時間

    最短30分

  • 実質年率

    4.5%~18.0%

  • 融資上限金額

    1万円〜
    500万円

  • 来店

    不要

  • 収入証明書

    50万円以下、他社含め100万円以下
    の場合は不要

ご利用可能な
コンビニ

おすすめポイント

初めての方は最大30日間の無利息期間あり!
審査最短30分、借入まで最短1時間のスピード融資!
初利用、女性利用者のための専用フリーダイヤルあり!

アイフル

大手消費者金融のアイフルはバナナマンさんのテレビCMでもおなじみですよね。
大手ということで安心感もありますので、キャッシングやカードローンを考えるなら、利用候補の会社として筆頭に上がってくるでしょう。

TVCMなどを大々的に出していて知名度があるということは、ある種の信頼感につながりますし、実際にサービスの質が悪ければ問題となりますから、その感覚は一面で正しいと言えます。
しかし、実際に利用する際には、安心感だけでなく返済方法や支払うことになる利息、即日融資可能かどうかなど、様々な面を比較・検討してサービスを選ぶことが重要です。

こちらでは、融資条件、借入方法、金利や他社サービスとの比較や口コミ情報なども含め、アイフルでのキャッシングを検討している方に向けた情報を掲載しています!
キャッシング初心者の方はもちろん、他社からの乗り換えなどをお考えの方にとっても役立つ内容となっていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

アイフルの特徴と注目ポイントについて

キャッシングをする会社を選ぶ時に、まず一番重要なことは、そのサービスが自分の利用目的と合致しているかどうかということ。 アイフルの利用を検討されている方は、サービス内容と特徴をしっかり押さえてから利用するようにしましょう!

最大30日間の無利息期間を使ってお得に借りよう!

アイフルで通常の無担保キャッシングローンを初めて利用する方限定で、最大30日間の無利息期間がついてきます。
無利息期間が過ぎた翌日から通常の貸付利率となりますから、無利息期間中に返済する場合はもちろん、2ヶ月程度での短期での返済を予定しているなら、他のカードローンを使うよりもお得になります!

ただし、通常のキャッシングローンのみですので、事業サポートプランやおまとめローンなどでは、このサービスは適用されないことに注意してください!

内緒で借りたい人も「配達時間えらべーる」や「てまいらず」で安心!

「配達時間えらべーる」はPC・スマホからの申し込み時に、カードを自宅で受け取る際の時間帯を指定できるサービス。
仕事が忙しい方や家族がいない時間帯に受け取りたい方におすすめです!
また、アイフルの無人契約機「てまいらず」は『無人契約でんわBOX』となっています。何が違うかというと一般的な無人契約機と違い、端末を操作する必要はなく、BOX内の電話でオペレーターの質問に答えていくだけでカードの発行まで簡単に完了することができます!
これなら自宅へのカード郵送をされたくない方、キャッシング初心者や機械の操作が苦手な方も安心ですね!

その他の特徴について

  • ネット申し込み後の電話受付時間が9:00~21:00と広い!
  • 審査最短30分、融資最短1時間とスピーディに借りられる!
  • ネット、電話、来店の3つの申し込み方法を選べる!
  • 平日14時10分までに振込依頼できれば、来店不要でキャッシング可能!
  • 初めての方専用フリーダイヤルがある!
  • 女性利用者専用フリーダイヤルがある!
  • 1秒診断があるので、事前に借りられるかどうかがわかりやすい!

アイフルがおすすめな人とは

上記の通り、アイフルでは無利息期間がある他、「てまいらず」や「配達時間えらべーる」などの独自サービスによる利用のしやすさがポイントです。
一方で、返済方法の利便性、金利などの面では、他の大手消費者金融サービスと大きな差はみられませんでした。

こうした点を踏まえた上で、アイフルでの借入がおすすめできるのは次のような方です。

『家族に内緒で50万円以下の金額を即日借入して、1ヶ月〜3ヶ月程度で返済予定の方』

上記の条件に当てはまる方は、無利息期間を活用した上で、アイフルの強みともバッチリ合致しますので、アイフルを活用されることを推奨いたします!

アイフル検討中の方はこちらも見られています

アイフルをおすすめできない人は

下記で詳述しますが、他の消費者金融系キャッシングサービスに比べると、若干返済の際の手数料が高くつく可能性があります。
アイフルのATMが近くにある場合なら問題ありませんが、コンビニなどのATMを返済に利用する場合には注意が必要です。
特に長期的に返済を続ける場合で何度もATMを利用するのであれば、チリが積もって大きな金額になってしまうかも。

また、厳密に言えば、消費者金融系で一番最大金利が低いのはプロミスになります(誤差程度とはいえ)。
少しでも利息の支払いを抑えたいというのであれば、プロミスの利用を検討してもいいでしょう。

上記の点をまとめて、アイフルの利用がおすすめできない人は次のような方です。

『アイフルをすでに利用したことがあって無利息期間が適用されない、または返済までに長期間かかってしまうことが予想され、少しでも金利や手数料を安く抑えたいという方!』

アイフルのデメリットが気になる方はこちらがおすすめ

アイフルと他社とのメリット・デメリットを徹底比較!

実際にサービスを利用するに当たって気になるのは、本当にこの会社が自分に一番合っているのか、ということですよね!

アイフルの強みや弱みを理解して、他社サービスと比較した際のメリットやデメリットを見て行きましょう!

アイフルとよく比較される大手消費者金融のスペックを簡単に比較したものが下記の表になります。

サービス名 金利 利用限度額 融資速度 無利息期間 手数料
アイフル 4.5%〜18.0% 500万円 最短1時間 契約日の翌日から30日間 自社以外のATMは
手数料あり
アコム 3.0%〜18.0% 800万円 最短1時間 契約日の翌日から30日間 自社以外のATMは
手数料あり
プロミス 4.5%〜17.8% 500万円 最短1時間 初回利用日から最大30日間 三井住友銀行ATMなら
手数料なし
レイク 4.5%〜18.0% 500万円 最短即日 「契約日の翌日から30日間」
「5万円まで契約日の翌日から180日間」
提携ATM手数料なし
モビット 3.0%〜18.0% 500万円 最短即日 なし 三井住友銀行ATMなら
手数料なし

各項目を見てもらえばわかる通り、大手消費者金融機関はお互いにしのぎを削っていますので、数字の上ではあまり大きな違いはありません。

しかし、だからこそ、各企業が独自サービスを追求して差別化を図っています。
細かい部分を見ればそれぞれの強みと弱みが見えてきます!

アイフルの強み・メリットは「利用のしやすさ」

他の消費者金融と比較した際のアイフルの強みは、『利用のしやすさ』でしょう。
審査時間最短30分、融資速度1時間、契約日の翌日から30日間無利息、50万円までの利用であれば収入証明書不要という消費者金融系の基本スペックに加えて、カード配達時間を選べる「配達時間えらべーる」、オペレーターとの電話で会話するだけでカード発行が可能な「てまいらず」といった独自サービスはキャッシング初心者であっても利用しやすい環境となっています。

また、アイフルでは「緊急の利用者のための審査優先用フリーダイヤル」があるので、審査時間をさらに短縮させることができます。
さらに勤務先への在籍確認を書類で完了させることができるという一風変わったサービスもあります。

アイフルに限らず、勤務先への在籍確認は電話で行われることが通常です。
しかし、何としても周囲にバレたくない、勤務先に電話もしてほしくないという場合には健康保険証や給与明細のコピーで在籍確認の代わりにしてもらえるので、誰にも内緒で利用したい人にとって大きなメリットと言えるでしょう。

このように、アイフルでは利用者目線に立った施策を多く実施しています。
特に「誰にもバレずに借りたい」「今すぐ借りたい」「キャッシングは初めて」といった方に、寄り添った消費者金融であるということができるでしょう!

アイフル検討中の方にはこちらも見られています

アイフルの弱み・デメリットは「手数料が高くなりがち」

アイフルの弱み・デメリットとしては、他の消費者金融と比べると『手数料が高くなりがち』ということが挙げられます。
ほとんどの利用者が該当する50万円以下の少額利用の鉄則である、上限金利をチェックすると、各金融機関でほぼ差がないことがわかります。

しかし、ATMの利用手数料を見ると、三井住友銀行なら無料になるプロミスや、提携ATM全ての手数料が無料というレイクと比べると、どうしても見劣りがしてしまいます。
手数料くらいと思われるかもしれませんが、1〜2回程度の返済で終了するのであればともかく、10回を超える回数返済が続くような長期的な返済を考えると、決してバカにできる金額ではなくなってきます。

アイフルの自社ATMを利用する場合であれば手数料はかからないのですが、アイフルの無人機の数はアコムと比べると若干少ないようです。
もし、近くにアイフルの無人機や店舗があるのであれば問題ありませんが、長期利用をお考えで、さらに普段の返済にコンビニのATMなどを使う予定の方は、レイクやプロミスを検討してみてもいいかもしれません。

アイフルのデメリットが気になる方はこちらがおすすめ

申し込みから返済まで!アイフル利用完全ガイド

ここでは、アイフルでの申し込みから借入までの流れ、返済方法について、さらに上限額の増額申請なども含めてアイフルの利用の仕方をまるごと完全解説していきます!

アイフルでのお申込みから借入までの流れ

それでは、実際にアイフルを利用するまでの手順を解説していきます。
アイフルを利用するまでの流れは下図のようになります。

このうちアコムを利用する場合、手軽で簡単なインターネットで振込予約の申し込みをする場合の流れは下のようになります。

1
公式ホームページから申し込み

2
フリーダイヤルへ電話
0120-337-137(受付時間 9:00~21:00)

3
審査結果の連絡

4
振込予約またはカードでの融資

振込予約の場合はネット、もしくは電話で手続きが可能です。
カードを発行する場合は次の3種類の方法から選択が可能ですので、自分が利用しやすい方法を選択しましょう。

  • 通常の郵送
  • 「配達時間えらべーる」での時間を指定した配送
  • 無人契約BOX「てまいらず」での受け取り

アイフルの申し込みに必要な書類

アイフルの審査では少額の利用であれば本人確認書類のみで借入が可能です。
50万円を超える利用か、他社借入分を含めて借入額が100万円を超える場合にのみ、収入証明書の提出が必要となります。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書(※50万円以上、他社借入含め100万円以上の借入の場合のみ)

それぞれについて、使用できるものは次の通りです。

本人確認書類

  • 運転免許証(原則はこちら)
  • 健康保険証
  • 住基カード
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • その他、公的証明書類
収入証明書として使用できるもの
  • 給与明細書(直近2ヶ月分が必要)
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • その他、公的収入証明書類

即日融資をご希望の方へ

アイフルでは、インターネットによる申し込みを24時間受け付けています。
返信メールを確認したのち、上記のフリーダイヤルへ連絡することで、優先的に審査をしてもらうことが可能で、最短30分で審査結果がわかります。
ただし、電話での受付時間は9:00〜21:00ですので、それを過ぎると即日での申し込みができなくなりますのでご注意ください。

即日融資は、振込予約とカードでの融資のどちらでも対応しています。
振込予約の場合は銀行側の処理の問題もあるので、午前中くらいに手続きを終えていない場合は明日に回ってしまう可能性があります。

もうひとつの方法として、朝8:00〜夜22:00まで営業している無人契約BOX「てまいらず」にてカードを発行することも可能です。
一度カードを発行さえしてしまえば、あとはコンビニなどの提携CDやATMからでも、好きなタイミングで融資を受けられます。

アイフルでのおすすめ申し込み方法!

インターネットで24時間簡単申し込み可能!
22:00まで営業している無人契約機でカードを発行!

申し込み方法についてもっと詳しく

アイフルでの借入方法について

契約が完了したあと、アイフルで借入を行う方法は以下の3種類。それぞれの方法について、簡単に見て行きましょう。

  • アイフルATM・提携CD/ATMでの借入
    ATMで簡単に借入ができます。
    ただし、アイフルATM以外の提携ATMを利用する場合は手数料がかかります。
  • インターネットからの振込予約 インターネットの会員サービスで24時間振込予約が可能。
    時間帯によっては当日振込もできます。(時間帯が遅ければ翌営業日)
  • 電話からの振込予約 電話でも振込予約が可能です。
    当日振込ももちろんOK(時間帯が遅ければ翌営業日)
    通常の会員用ダイヤルと女性オペレーターが対応してくれる女性専用ダイヤルがあるので、キャッシングが初めてで不安な女性も安心です。
  • 女性専用ダイヤル:0120-201-884
  • 会員用ダイヤル:0570-000-417

このように借入方法は3種類がありますが、利便性という意味ではやはりATMが一番でしょう。
ただし、アイフルのATM以外では手数料がかかるという点にだけ注意が必要です。

念のため、補足をしておくと、アイフルの店舗では一部のサービスを除き(※)、原則的に借入を行うことはできませんので、直接押しかけては行けません。
(※『不動産担保ローン』に限り、店頭での借入が可能)

アイフルでのおすすめ借入方法!

全国様々なところで使えるATMでの借入がおすすめ!
手数料のかからない近くのアイフルATMを利用しよう!

借入方法についてもっと詳しく

アイフルでの返済方法について

アイフルの返済方法には次の5種類があります。
手数料や利用時間の関係も含めて簡単に表にまとめました。

返済方法 手数料 利用時間 備考
振り込み 振込手数料は利用者負担 窓口・ATMの営業時間に準じる 振込先は会員ページで確認可能
口座振替(自動引落) なし 別途、利用手続きが必要
アイフルの店舗/ATM なし 各店舗ごとの営業時間
提携先ATM 取引額1万円以下なら108円
取引額1万円以上なら216円
全国の提携先金融機関ATMを利用可能
コンビニのレジで返済 取引額1万円以下なら108円
取引額1万円以上なら216円
7:00〜23:30 Loppy・Famiポートに設置のマルチメディア端末で発券して支払い

可能であれば自動引き落としによる口座振替での返済が、手数料もかからずおすすめです!

カードローンに限らず、クレジットカードや公共料金の支払いでも言えることですが、一番怖いのは支払い期日を忘れてしまうことです。
1度くらいならさして問題はありませんが、何度も繰り返せば信用情報にも影響が出て、新たな借入ができなくなる可能性もあります。
自動引き落としであれば口座に十分な金額が入ってさえいれば、自動的に引き落としてくれますから安心です。

ただし、自動引き落としを少額に設定している場合は、返済が長期に及び利息の支払いが多くかかることも考えられます。
手持ちのお金に余裕がある時は、追加で多めに返していくように心がけましょう。

アイフルのおすすめ返済方法

払い忘れの少ない自動引き落としがおすすめ!
余裕がある時は追加で返済していきましょう!

返済方法についてもっと詳しく

アイフルを契約後の情報について

アイフルの商品一覧

ここまで、アイフルの通常のキャッシングについて解説をしてきましたが、アイフルでは目的に応じて、様々な商品が用意されています。
商品の一覧と簡単な特徴をまとめました。

キャッシングローン

通常のキャッシングで、来店不要で即日借入が可能です。
このページで解説しているのは基本的にこの商品になります。

おまとめローン『かりかえMAX』『おまとめMAX』

アイフルのおまとめローンは、アイフルの利用履歴の有無で名前が変わります。
条件等はほぼ変わりません。

事業サポートプラン

審査は厳しくなりますが、事業性の融資なら総量規制を超えた高額融資も可能です。
無担保で上限500万円までのプランと不動産を担保にした高額融資プランがあります。

SuLaLi

女性におすすめの10万円までの少額借入専用商品。
借りすぎる心配がないので安心。カードデザインもオシャレな2パターンから選べます。

ファーストプレミアム・カードローン

アイフル初利用で100万円以上の借入希望者に適用される商品です。
金利がかなり低く設定されており、無利息期間もついてくるので、まとまった金額が必要な肩にオススメです。

目的別ローン

ブライダルやお悔やみ、教育費など、お金が必要になる場面は様々。
目的別ローンでは、用途を限定する代わりに通常のキャッシングよりも低い金利で借入することができます。

アコムの口コミ・体験談

会社員 男性(32歳)

評価

5.0

利用した感想

急な飲み会などで出費がかさんで、どうしてもローンの支払いが間に合わないことがあって利用しました。
ネット申し込みをしてから近くの無人契約機で簡単に申し込めましたし、審査もスムーズで支払いにも間に合って助かりました。
翌月の給料日には返せたので、初回限定の無利息期間中に返済が終わり、余分な利息もなかったので、利用してよかったです。

会社員 男性(32歳)

評価

4.0

利用した感想

息子の入学時の諸々の費用と保護者同士のおつきあいが増えたことで、やりくりがうまくいかなかった時に利用しました。
夫にも内緒で借りられましたし、忙しい中でお店に行かずに振り込んでもらえたのでとても助かりました。
3ヶ月くらいダイエットを兼ねて食費を節約して返しました。
強いて言えば返済時の手数料がないところもあるというのを後から知ったので、そこだけはちゃんと調べればよかったと思いますが、基本的には満足しています。

フリーター 男性(27歳)

評価

4.0

利用した感想

自己責任と言われればそれまでですが、複数の友人からまとまった金額を借りていました。
不定期にある時払いをしていたのですが、急に友人の方でもお金が必要となったということで、20万円をすぐに返して欲しいと言われました。
友人には返したいのは山々ではあるのですが、無い袖は振れないということもあって、金策を探している時にアイフルを見つけました。
フリーターということもあって、審査が不安だったのですが、1秒診断で借りられると出たので、そのまま申し込みました。
その日のうちに無人機でカードを発行して、友人にお金を返すことができたので、とても助かりました。

アイフルの各種データ

アイフルのスペック

貸付利率 4.5%~18.0%(実質年率)
契約限度額 500万円以内
借入方法 ・インターネットからの振込予約
・お電話からの振込予約
・アイフルATM、提携CD/ATMでの融資
返済方法 ・振り込み
・口座振替(自動引落)
・アイフル店舗、ATM
・提携先/ATM
・各種コンビニ(セブンイレブン、ローソンなど)
返済方式 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
返済期間及び返済回数 1回の支払いにつき35日以内または毎月約定日払い
遅延損害金 20.0%(実質年率)

アイフルの融資条件

貸付対象年齢 満20歳〜満70歳
貸付対象者 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
※なお、お取引中に満70歳になられた時点で新たなご融資を停止させていただきます。
担保 不要
保証人 不要
申し込み時に必要な書類について ・本人確認書類
運転免許証、パスポートなど
・収入証明書類
源泉徴収票、確定申告書、給料明細書(直近2ヶ月分)など
※収入証明書は下記いずれかの場合は、提出が必要
・アイフルで50万円以上の借入を希望する場合
・他社で利用中のものを含めて借入希望額の合計が100万円を超える場合

アイフルの会社概要

会社名 アイフル株式会社
代表者名 代表取締役社長 福田 吉孝
本社所在地 京都府京都市下京区烏丸五条上る高砂町38-1
創業 1967年(昭和42年)4月
資本金 1434億54百万円
事業内容 消費者金融事業、不動産担保金融事業、事業者金融事業
登録番号 近畿財務局長(12)第00218号
営業店舗 全国主要都市 908店舗 ( 2017年6月30日現在 )

カードローン特集

目的・特徴からカードローンを探す

キャッシングお役立ちメニュー